適正飲酒

啓発・推進キャッチフレーズ

  • スマドリ(スマートドリンキング)・・・一人ひとりの体質や気持ちに合わせて、思い思いのドリンクを安心して選べる。だから誰もが楽しめる。多様性を認め合えるこれからの飲み方。アサヒビール
  • ドリンク・スマート・・・ほどほどのお酒は、こころをほどき、つながる時間をくれるから。今夜も、なにより適量で。サントリー
  • スロードリンク・・・正しいお酒との付き合い方を知ることで、飲む人も飲まない人も、誰もが豊かなひとときを過ごしましょう。キリン

有害飲酒削減対策

  • WHO(世界保健機関)・・・生活習慣病による30~70歳までの死亡率を2025年までに25%削減する目標を設定(リスク因子の1つにアルコールが挙げられる)。また、コロナ禍において、精神的ストレスが飲酒機会を増やし飲酒を通じた人との接触が感染拡大要因になるとして、酒類の規制強化を提唱。
  • 国連のSDGs(持続可能な開発目標)・・・薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む物質乱用の防止・治療を強化すると規定。
  • IARD(責任ある飲酒国際同盟)・・・酒類業界が一丸となっての有害飲酒削減の取り組み。

お酒に強い人にも弱い人にも、やはりアルコールは免疫力低下などの要因になるようです。各社のスローガンはとてもよく身に沁みますね❣️

広島市中区の心療内科 重川クリニック.